おいどんNews24

おいどんNews24は、「2ちゃんねる」を中心としたまとめブログサイトです。
読者に役立つ、話題のニュースを日々発信しています。

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 記憶たどり。 ★ :2017/09/19(火) 10:27:29.92 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000506-san-pol

    元政策秘書への暴行・暴言問題で自民党を離党した豊田真由子衆院議員(埼玉4区)が8日、地元の埼玉県新座市で、支援者らへの説明会と記者会見を相次いで開き、来月に行われるとされる衆院選に出馬する意向を明らかにした。ただ、説明会には離党した自民党所属の地元市議などの姿は見られず、豊田氏にとっては厳しい選挙戦となりそうだ。

    「18日の説明会の案内があったが、市議団全員が出席しないことで一致した」と明*のは地元の自民党所属の市議。この市議は豊田氏が初めて、4区から出馬したときから支援してきたが、党の厳しい目もあり、次の選挙の支援は難しいという。

    自民党県連は同区で新たな公認候補を擁立する準備を進めている。一方、党本部は落下傘候補の擁立を模索しているとされる。別の自民党所属の市議は「豊田議員はほかの落下傘と比べて非常に地元での活動も頑張ってくれたが、今回ばかりは応援できない」と話す。

    厚生労働省出身の豊田氏は複数の医師団体から支援を受けている。ただ、これらの団体の多くは自民党とのつながりが深い。後援会長も地元の医師だが、今後も継続して支援を受けられるかは不透明だ。

    地元の声も厳しい。新座市の20代女性は「あの暴言のインパクトが大きくて次は応援できない」。 同県志木市の40代男性は「解散が近づいているのを見越して記者会見を開いたのでは」と指摘した。逆に、同県朝霞市の60代女性は「厳しい人の方がよい仕事をする」と話した。

    同区は次期衆院選で豊田氏のほか、自民党系候補や民進党の吉田芳朝県議、日本維新の会の青柳仁士氏、共産党の朝賀英義氏が出馬するとみられ、注目選挙区となりそうだ。


    (出典 www.hochi.co.jp)


    【【ハゲーっ!】< #豊田真由子 議員 衆院選は厳しい戦いに。>「今回ばかりは応援できない」自民党市議らの支援得られず。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 孤高の旅人 ★ :2017/09/20(水) 10:52:59.46 ID:CAP_USER9.net

    総菜でO157感染「でりしゃす」全て閉店
    9/20(水) 10:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170920-00000015-nnn-soci

     総菜店「でりしゃす」の商品を食べた客が相次いでO157に感染した問題で、「でりしゃす」の運営会社は全ての店舗を閉店すると発表した。

     この問題は、埼玉県や群馬県の総菜店「でりしゃす」で購入したポテトサラダなどを食べた客22人がO157に感染し、このうち3歳の女の子1人が死亡したもの。群馬県前橋市の店では、包丁を使い回したり、期限が切れた消毒液を使ったりしていたことがわかっている。

     「でりしゃす」を運営するフレッシュコーポレーションは、「保健所の検査で重大な指摘はなかった」とした上で、食中毒問題の影響や、客の利用状況などをふまえて、19日の営業を最後に、17の店舗全てを閉店すると発表した。

     パートを含めた従業員は他のスーパーなどで雇用を続けるとしている。


    (出典 www.gunmaga.com)


    【【埼玉・群馬等】< 総菜でO157感染 >「でりしゃす」全て閉店!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 影のたけし軍団 ★ :2017/09/19(火) 13:13:04.23 ID:CAP_USER9.net

    来月に行われることになった衆議院総選挙において、安倍首相は今回の解散を「人づくり解散」と位置づけ、教育や子育て支援に対する税金の使い道を拡大、充実させることを争点の柱として掲げる方針を固めた。

    今回の解散には与党内からも「大義がない」との批判が出ている。このため、安倍首相は高齢者中心の社会保障から子どもや若者への支援拡充に転換すると打ち出すことで、国民の理解と支持を得たい考え。

    http://www.news24.jp/articles/2017/09/19/04372968.html


    (出典 www.j-cast.com)


    【【総選挙】 安倍首相 「人づくり解散」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 影のたけし軍団 ★ :2017/09/18(月) 11:50:00.10 ID:CAP_USER9.net

    産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は16、17両日に合同世論調査を行った。

    安倍晋三内閣の支持率は50・3%となり、5月以来4カ月ぶりに5割を回復した。支持率は前回調査(8月19、20両日)から6・5ポイント上昇、不支持率は40・0%と前回から9・0ポイント下がった。

    学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)問題などの影響で7月の調査時(7月22、23両日)に平成24年12月の第2次内閣発足以来、最悪を記録した内閣支持率は、2カ月連続で上昇し、支持が不支持を上回った。

    政党支持率でも自民党は38・0%で前回から5・0ポイント上昇しており、近く衆院解散に踏み切る意向を固めた安倍首相にとっては“追い風”となりそうだ。

    自民党を除く政党支持率は、民進党が6・4%で0・5%下落した。以下、共産党4・5%、公明党3・6%、日本維新の会2・6%と続いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000505-san-pol


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【社会】< 世論調査 #安倍内閣 支持率5割回復! > 自民支持38・0%に増加 民進党は下落・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:299336179-PLT(13500).net


     中東のドバイでこのほど、日本製のしょうゆが禁止になったと地元紙が報じました。しょうゆは日本の他にも中国、東南アジアなどで幅広く使われていますが、中東ではあまりなじみがありませんでした。ところが、すしをはじめとして日本食の人気が広がり、近年はスーパーでも手軽に日本ブランドのしょうゆが買える国が増えています。
    どんな理由があったんでしょうか。(朝日新聞国際報道部・神田大介)

    「アルコールが検出された」?

     複数の地元紙は8月8日、ドバイのあるアラブ首長国連邦の気候変動・環境省がキッコーマンのしょうゆの輸入を禁じた、と一斉に伝えました。当局の検査で、アルコールを含んでいることが確認されたとしています。

     イスラム教で飲酒はタブー。イスラム教を国の宗教とするアラブ首長国連邦は、特別な許可を受けた店舗や、外国人が利用するホテルやバー以外でアルコール類を売ることを禁じています。 しかし、英字紙「ザ・ナショナル」の取材に対し、ドバイのあるレストラン経営者は、キッコーマンのしょうゆを約15年前から使っていると答えています。なぜ、今になって?

     日本のキッコーマン本社に取材すると、「報道は把握しているが、アラブ首長国連邦側からキッコーマンには何の連絡もありません」とのこと。

     キッコーマンがアラブ首長国連邦向けに輸出しているしょうゆは、シンガポールの工場でつくられており、アルコールを含んでいないそうです。

     イスラム教徒はインドネシア、マレーシアなど東南アジアにも住んでいます。独自の技術で、アルコールが出ない製法をとっているとのこと。

     実は、記事には「輸入禁止は日本の工場でつくられたしょうゆに限る」とも書かれていました。ものによってはビール並みのアルコール濃度

     しょうゆにはふつう、アルコールが含まれています。

     アルコール飲料で言うと、一般的なビールやチューハイのアルコール度数が5%、サントリー「ほろよい」などの低アルコール商品が3%ほどです。

     ただし、しょうゆはビールのようにゴクゴク飲むものではありません。缶1本分、350ミリリットルを一息に飲み干すことは不可能に近いでしょう。

     キッコーマンの場合、妊婦や子どもへの影響に対する問い合わせには「つけたりかけたりして少量使う分には特に心配はないと思われます。とは言え、ご心配であれば過熱調理にご使用ください」と答えているそうです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-00000002-withnews-int&p=1


    (出典 nagasaki-ashi.com)


    【【国際】< ドバイでキッコーマンのしょうゆ「禁止」> 想定外の理由…当局の不可思議な・・】の続きを読む
    スポンサードリンク
    アクセスランキング

    RSSヘッドライン

    このページのトップヘ