1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:601381941-PLT(13121).net


Windows 10がまた大型アップデート その内容は?

Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」が10月17日より提供開始される。今春行われた「Creators Update」に続く大型アップデートで、Wndows 10ユーザーは無償でアップデートできる。

Windows 10 Fall Creators Updateのデスクトップ画面(Insider Preview版のもの)。見た目はこれまでとあまり変わらない 。

Windows 10は、大型アップデートで進化を続けていくというコンセプトのOSだ。2015年7月末にリリースされたあと同年11月に最初の大型アップデート「November Update」、2016年8月に「Anniversary Update」、今年4月に「Creators Update」が行われた。今回の「Fall Creators Update」はそれに続く4回目の大型アップデートになる。当初、アップデートは不定期だったが、現在では3月と9月(春と秋)の年2回行うのが基本方針になっている。

Fall Creators Updateはさまざまな改善、不具合の修正、機能追加が含まれているが、見た目はこれまであまり変わっていない。一番の注目ポイントは「Windows Mixed Reality」(Windows複合現実、以下Windows MR)への対応だ。

■Windowsも「複合現実」へ

アップデートの目玉は「Windows Mixed Reality」(Windows複合現実、以下Windows MR)への対応だ。

ここで言うMixed Reality(MR)とは、VR(仮想現実、Virtual Reality)とAR(拡張現実、Augmented Reality)を合わせたもの。具体的には、ゴーグル型の対応ヘッドセットを装着して、VRコンテンツのような没入感のある対応コンテンツを楽しめる機能だ。


(出典 itpro.nikkeibp.co.jp)

エイサー、デル、HP、レノボ、ASUSなどが発表している、Windows MR対応ヘッドセット
(略)
■その他の変更点は?

その他の目につく変更点を見ていこう。Windowsの設定項目はアップデートのたびに「設定」に集約されてきている。今回のアップデートで、「設定」の項目に「コルタナ」と「電話」が加わった。「コルタナ」はタスクバーの検索ボックスから起動できる音声入力対応のアシスタント機能のことだが、その設定がここでできるようになった。

Webブラウザー「エッジ」の機能もじわじわと増えている。手書き機能「Windows Ink」を使い、PDFファイルに手書き入力できるようになった。例えば、Webメールで届いたPDFファイルを開いて、手書きで入力して返送するといったことができる。


(出典 itpro.nikkeibp.co.jp)

PDFファイルに手書き入力できるようになった
Windows 10 Fall Creators Updateは、9月初頭の段階ではまたデスクトップ右下のバージョン表記(ウォーターマーク)が取れておらず、製品段階には至っていない。しかしアップデートはすでにバグフィックスがほとんどになっていて、ほぼこの形で10月17日より配信されると思われる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/255608/092500347/


【【IT】< #Windows10 の進化が止まらない!> 10月に大型アップデート!】の続きを読む